困ったときは?

困ったときは、お客様サポート

「カードについてもっと知りたい!」、「こんなことにも対応できる?」
など、ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問い合わせください!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!

名札・ネームプレートにまつわるショートストーリーvol.3

名札・ネームプレートにまつわる、ショート・ショート。今回は、名札を落とした、女の子の思い出を題材にしたストーリー。「言えなかったありがとうと名札」匿名のOLさんからの投稿です。

言えなかった“ありがとう”と“名札”

だれにでもある、ローティーンのころの淡い思い出。
あなたの心の片隅にも、似たような経験はありませんか…?

小学生のころ、名札をなくしたことがある。

なくしたことに気づいたのは、家に帰ってからだった。
名札は服に穴をあけて、ピンでつけているから、家についたら外すように。
という母のいいつけにならって、私はその日の服につけていた名札を外そうとした。

あれ?“名札”がない。

ランドセルの中を見ても、連絡袋の中を見ても、
ない。

どうせズボラな私のこときっとどこかにしまいこんだか、
学校に置いてきたか。
まー明日にしよう。
と思って、たいして気にもとめていなかった。

と、そこに玄関からがチャガチャ、ゴソゴソ聞こえた。

仕事をしている母は夕方ごろに帰ってくる。
いつもは弟と留守番をしているのだけれど、その日は友だちの家に遊びに行っていた。

一人ぼっちの留守番。
私は怖がりなのだ。

玄関からの音は誰かがドアポケットに何かを入れている音だった。
こわい。それだけでこわい。

もう、「こわい」という言葉が怖い。
私はしばらく玄関のドアを見つめていた。

とりあえずテレビをつけよう。
でも家の中に誰かがいるのがわかってしまう。
それにたまたまついた場面にこわい映画のCMとかこわい話をしていたらどうしよう。
私は八方ふさがりになった。

カチャン。
という音とともに静かになった。
それはポストに何かはいった音。

なにが入れられたのか。
確かめるか?確かめないのか?
こころの中で、また葛藤が始まる。

留守番という責任感。
原因がわかれば怖くなくなる。

私はそっとドアポストをあけてみた。
そこには私の名札が入っていた。

名札を届けてくれたのは。

「コレ… 道で拾った」
次の日、男子に声をかけられた。

それは私ととても仲良しの男子で、ちょっと好きな男子だった。
どうやら名札を届けてくれたのは彼だったらしい。

でも私は昨日彼と一緒に下校したのに、なんでそのとき渡してくれなかったのだろう。
だって、私の家は彼の家の通り道にあるのだ。
でもまぁ名札見つかったし、いいか。

名札と共にある、小学生のころの思い出…

名札と小学生の頃の素朴な思い出。
ただその話を聞いた後、届けられた名札は特別な名札になった。

今頃だけど、名札を届けてくれてありがとう。

>名札・ネームプレートのご用命はキョウリツサインテックへ<

お問い合わせ・お見積もりフォームはこちら お問合わせ・お見積もり
プライバシーポリシー サイトマップ